ブログ

根本治療とは何なのか?

根本治療とは何なのか?

 

こんにちは。

しろくま整骨院の永井です。

 

最近巷では根本治療というものが流行っています。

当院でも目先鼻先だけではなく、根本から治療し良い生活を送るための手助けが出来ればと考えています。

おそらく私の考える根本治療と、このページを見てくださった方、他の先生方、皆考え方が違うと思います。

私が考える根本治療がどういったものなのかを今日は書いていければと思います。

 

 

人には人が過ごすうえで最適なバランスがある

 

もちろん個人差はあるのですが、その人その人に適したバランスというものが存在します。

このバランスが良くなると何が良くなるかというと

 

 

〇血液の流れ

〇リンパの流れ

〇脳脊髄液の流れ

 

 

に関与してきます。

血液は酸素や栄養素を身体中に運搬する役割があります。

酸素や栄養素が神経にいきわたらないと痺れが、筋肉にいきわたらないとつりやすくなったりポンプ作用の低下から血流や代謝も低下します。

また、臓器に十分な血流がいかなくなれば深刻な病気を招いたり、脳に酸素の供給量がすくなくなれば頭痛へと繋がっていきます。

 

リンパ液は免疫機能に関与し、悪いものを濾過して血液に送り返す仕組みがあるのですがこれが機能しなくなると病気や浮腫につなかってきます。

リンパ液を運ぶリンパ管は血管と交流があり、どちらかが悪くなればお互いの機能が低下するので片方を良くするのではなく両方の機能の回復が必要となります。

 

脳脊髄液は自律神経の調整に関与します。

ここが不調に陥ると交感神経、副交感神経が乱れ睡眠障害やめまい、動悸など様々な障害が発生することが分かっているほか、心のバランスに深く関わることが分かっています。

過度に不安になったり怒りっぽくなったり…。

脳脊髄液は脳~骨盤を行き来するので、ダメージを受けた方はそこを守るために腰~背中~腰など脊柱周りの筋肉の緊張が強くなることが非常に多くなってきます。

 

 

 

根本解決は姿勢を正すこと

結論から言えば、生理的位置に姿勢を持ってこれれば不調は発生しない。

生理的位置とは人間が2足歩行で生活を送るにあたり、一番血液やリンパ、脳脊髄液の流れがよくなる位置である。

 

 

最適な位置にもっていくため、私は筋や骨のバランスの矯正を行う。

しかし、それだけで終わると結局もとの状態に戻るのである。

意識をするだけでは人間には限界がある。

いずれ元に戻る矯正ならば根本解決とはいえるのであろうか?

 

 

根本解決には筋力が必要不可欠である

 

 

姿勢を保つのは骨ではない。筋肉である。

筋肉が骨を引っ張りあうことで身体のバランスをとっているのだ。

 

一度歪んだ身体のバランスは筋緊張の分布をかえてしまう。

 

使い過ぎて硬くなった筋肉と上手に使うことが出来ず萎縮してしまった筋肉。身体のバランスが乱れているときは必ずこの現象が現れます。

そうなった時に、どこを緩め、どこに力が入るように身体のバランスを持っていくのが治療であり身体のバランス矯正であると私は考えています。

 

硬くなった筋肉を緩める作業と萎縮してしまった筋肉のリハビリを指導していくことが私の仕事です。もしリハビリを継続していく必要があるのなら、それを行うのは患者さん一人一人健康のためにやらなければならないことだと私は思っています。

 

 

まとめ

 

乱れたバランスは痛みや不調となり身体にSOSとして悲鳴を上げます。

痛い箇所のみにとらわれず、血流やリンパの流れが悪いところはどこなのか。

また、何が原因で流れが悪くなっているのかを確認しましょう。

 

 

どこに行っても治らない症状をかかえているのならば、

一度当院へご相談ください。

 

 

西日暮里しろくま整骨院 永井

ご利用者様からのお喜びの声
MENU